祭竒洞

姑らく妄りに之を志す。

『増補改訂版 ヴィイ調査ノート』(仮題)のお知らせ

うららかな妖気に春の訪れを感じ心も浮き立つ今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

お蔭様で好評を頂きました『ヴィイ調査ノート』ですが、この度増補改訂版を出すことと致しました。

ヴィイ調査ノート』については過去のエントリ参照ですが、ざっくりと説明いたしますと、


◎ロシアの文豪ゴーゴリ怪奇小説ヴィイ」。水木しげるの漫画「異形の者」
 「死人つき」の翻案元であり、一部でカルトな人気を誇るソ連映画
 「妖婆 死棺の呪い」(別題:魔女伝説ヴィー)の原作でもあるこの作品に
 登場する魔物がヴィイである。


ヴィイは地面までつくほど長いまぶたを持ち、そのまぶたの奥に隠された目は
 普通の魔物が見ることが出来ない結界をも見通すことが出来る。
 ゴーゴリは、この題材を民話からそのまま取った、としている。


◎識者の間では、この魔物はゴーゴリの創作であり民話そのものには登場しない、
 という意見が優勢であるが、ゴーゴリの故郷であり「ヴィイ」の舞台でもある
 ウクライナを中心に、ヴィイを髣髴とさせる伝承が数々残されている。
 たとえばそのうちの一つ、ロシア正教の聖人カシヤーンは速水螺旋人氏の漫画
 『靴ずれ戦線』にも登場する。
 ヴィイの背景には一体何がいるのか。


◎一方、昭和日本では妖怪図鑑ブームの中で世界の妖怪が取り上げられ、
 ヴィイも様々な外見でそこに登場する。
 その描かれ方は大きく分けて三つほどの系統があった。
 また、水木しげるは漫画や図鑑にヴィイを登場させるが、
 その姿にも媒体・時期によっていくつかバリエーションがあった。
 その理由とは。


ヴィイの正体と日本での広がりに迫る、(多分)空前(おそらく)絶後、
 一冊丸ごとヴィイの本!
ソビエトロシアでは、同人誌があなたを見る!」

というような感じの同人誌でした。
頒布開始時点ではかなり精一杯のつもりだったものの、
本を出した瞬間から更に新たな情報が集まってくるというマーフィーの法則じみた現象があり、それがかなりの分量になったため改訂を決心、
折角やるならとかなりの大改造を施して増補改訂版の頒布決定とあいなりました。

事実誤認の訂正などはもちろん、新規に確認できた資料や、それに伴ってのちょっとした仮説など、様々な内容が追加されています。
お蔭様でページ数は前回の72ページからおおよそ1.94倍の140ページ!
(間に補遺を計16ページ出していますが、それと併せて計算してもおよそ1.59倍!)
……か、あるいはそれ以上のページ数になることが既に決定しています。

前回から進歩、変化した具体的な内容についてちょっと説明。

 ◎前回は基本的に「使わない」と宣言した日本国外の資料をふんだんに使用。


 ◎ヴィイの元ネタのひとつ(かもしれない)「疥癬かきの」ブニャク。
  前回は遊牧民の長(ハーン)の一人が伝説化したものである、としましたが、
  彼のもうひとつの姿とは――?


 ◎魔物ヴィイは実は古代スラヴの神が元になっている、と言う説もあるようです。
  ヴェレスやペルーンなどの大物から、ちょっとマイナーなアイツまで、
  様々な神がヴィイと結び付けられました。
  果たして本当なのか、いくつかの説を紹介・検証しています。


 ◎ヴィイという名はウクライナ語の「まつ毛」に由来するのが定説とされて
  いますが、今回その反証となる(かもしれない)例を見つけました。
  はたして本当の由来は?


などなど。


先に書いたとおり、前回は本人の能力上の制約から一切使わなかったロシア語論文を中心に、様々な資料を当たっています。
と、いっても、当方ロシア語はマルデダメなので、錚々たるメンバーにお手伝いいただいております。
ありがとうございます。ビバ他力本願!
また、近所の図書館にない資料も各方面の暗躍により収集できました、これまた大感謝。

というわけで、詳細が決まったら(原稿を書き上げて印刷に回したら)
再びこちらで告知いたします。
おそらく8月頃の頒布になるかと思います。
宜しくお願いいたします。


……何故この日にそんな告知をするかと言いますと。
万が一原稿が間に合わず本を出せなかったとしても「じ、実は四月馬鹿でした〜」との言い訳が可能だからです。
その程度の気持ちでぬるく見守っていてください。